もう中学生再ブレイク理由は何?芸歴や冠番組・レギュラーも調査!

広告
Pocket

こんにちは、ぽんずです。

一時期全く見かけなかったのに、最近ほぼ毎日テレビで見かけるもう中学生さん・・・。

不思議な雰囲気の段ボール芸が特徴的ですが、最近は段ボールを持っていない姿もよく見かけます(!)。

レギュラー番組が増えて、なんと冠番組まで!!

冠番組を持つって、きっと多くの芸人さんたちの目標の一つだと思うんです。

これはもう再ブレイクと呼んでも過言ではない!!

しかしながら中学生のわが子は、もう中学生さんは最近ブレイクした芸人だと思ってます(なんだかややこしいw)。

あの段ボール芸、意外と芸歴長いんだよ!と教えたら驚いていました。

数年間、ほぼ見かけずに「あの人は今」くらいの感覚だったのに(ファンの方すみません)、何で急に引っ張りだこに?!

気になったので、調べてみました。

今日のテーマはズバリ「もう中学生再ブレイク理由は何?芸歴や冠番組・レギュラーも調査!」です!!

 

広告

もう中学生再ブレイク理由は何?

もう中学生さんが再ブレイクを果たした理由は、二人の先輩芸人にあるといわれています。

一体誰がもう中学生さんの再ブレイクに関わっていたのか?!

調べてみました!

 

麒麟・川島

まずは、麒麟の川島さん

2020年7月に川島さんが「水曜日のダウンタウン」に出演したときに、「芸人が一番面白いと思う瞬間を探してる」と言われました。

そこで、その頃たまたま目にしていたもう中学生さんの無観客配信がめちゃくちゃ面白かったと素直にスタッフに教えたところ、「芸人が今までで一番面白かった瞬間は誰が見ても面白い説」の放送内で紹介されることに。

ちょうどこの頃芸人をやめようと思っていたというもう中学生さん。

この放送がきっかけで、大反響!

「もう少し頑張ってみよう」と思ったそうです。

麒麟・川島さんはその後もインタビューなどで「こいつには勝てないなと思った芸人」の一人にもう中学生さんの名前を挙げています。

もう中学生さんのお笑いの才能に心底ほれ込んでいるんですね。

先輩に「勝てない!」って言わせるもう中学生もすごいけど、

素直にそれを口にできる先輩川島もすごいと思う。

 

有吉弘行

有吉さんのラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」の熱心なリスナーだったもう中学生さんを、2020年8月にゲストとして呼んだ有吉さん。

その放送でとてもテンポよくシュールな内容で番組を進めていった二人。

リスナーからの評判も上々でした。

それでももう中学生さんはお笑いの仕事があまりなく、一般人に紛れて大喜利サイトなどに投稿していたら、それを知った有吉さんから「もうやめろ。お前の場所はここじゃない。」と言われたそうです。

その数か月後に、有吉さんがMCを務める「有吉の壁」の出演オファーが舞い込んできて、もう中学生さんもご自身で「ここから自分の仕事も変わってきた」と振り返っています。

初めて呼ばれた「有吉の壁」では、大喜利のコーナーに出演。

想像のななめ上をいく回答でしっかりと爪痕を残すと、その後もちょくちょく呼ばれるようになりました。

というより、もう準レギュラーといっても過言ではないんじゃないかというくらい出ています(笑)。

番組内ではネタはもちろんのこと、女装をしてみたりアフレコをしてみたり、有吉さんが可愛がってるんだな、というのがよく伝わってきますよね。

猿岩石として大ブレイクを果たし飛ぶ鳥を落とす勢いだったのに、気づいたら鳥じゃなくて自分がどん底に落ちていた有吉さん(すみません)。

一番最低最悪の頃は、自殺を考えたこともあるほどだったそうです。

そこから名づけのセンスで再び這い上がった有吉さんだからこそ、一度ブレイクしたにもかかわらず消えてしまったもう中学生さんを放っておくことができなかったのかもしれませんね。

 

広告

もう中学生の芸歴や冠番組・レギュラーも調査!

見事に再ブレイクを果たしたもう中学生さん。

その芸歴や冠番組・レギュラー番組についても調べてみました!

 

広告

もう中学生の芸歴は?

もう中学生さんは小学生のころには「お笑い芸人になる!」と心に決めていたそうです。

「もう中学生」という芸名は小学校の卒業文集の題名からそのままとったもので、「期待と不安でいっぱいだった気持ちを忘れないように」という思いが込められているとスポーツ紙のインタビューで語っていました。

が!

それはらしいです(!!)。

本当のところは、流れ作業で履歴書を見る吉本の社員さんの目にとまりやすいんじゃないか、「中学生じゃないでしょ?」と手を止めてくれるんじゃないか、ということでつけた芸名だそう。

実際にもう中学生さんが初舞台を踏んだのは2001年10月、18歳の時でした。

ちょうど20年前ですね。

この時は「商業」という四人組だったそうです。

その後四人組は解散してしまいますが、2009年から2010年にかけて「爆笑レッドカーペット」や「エンタの神様」などで段ボールを使ったピン芸人として活躍

「タメになったね~⤴」「タメになったよ~⤴」のフレーズは、私もよく真似してた!

ブレイクを果たしますが、ここからしばらくテレビに出ることは少なくなり芸人を辞めようと思っていたところに、前述のように川島さん有吉さんのナイスアシストがあり現在に至ります。

 

もう中学生現在の冠番組・レギュラー番組は?

再ブレイクを果たしたもう中学生さん、今ではほぼ毎日テレビで見てる気がします。

なんの番組に出てるかって聞かれると・・・・ちょっとよく分からない(笑)・・・。

そこで、現在もう中学生さんが持っている冠番組とレギュラー番組を調べてみました!

冠番組:もう中学生のおグッズ!(テレビ朝日)
タレントグッズ集めが趣味のもう中学生さんが、売れる番組グッズを研究・販売しよう!というロケバラエティ番組。
暴走するもう中学生さんにストップをかける役割として(!)ゲストが登場。
レギュラー番組:オトラクション(TBS)—ナレーター
出演者が音や声をテーマにした様々なアトラクションに挑戦。
不定期出演:炎の体育会TV(TBS)
もう中学生さんは主に陸上部員として登場。
たまに水泳部になりすます(?)こともある。
不定期出演:有吉の壁(日本テレビ)
有吉さんを笑わせるために若手芸人たちがあの手この手で笑いの攻撃を仕掛ける番組。
もう中学生さんは、ほぼ毎回出ているといってもいいくらいです(笑)。
不定期出演:ラヴィット!(TBS)
こちらは麒麟・川島さんがMCを務める朝の情報番組。
もう中学生さんはこちらにも度々出演されています。
現在レギュラーもしくは準レギュラーで出演しているだけで5つありました。
このほかにも色々な番組にゲストとして出演されていたり、なんとなんとNHKの朝ドラにも出演
まさに目が回る忙しさなんじゃないでしょうか・・・・。
仕事がなかった頃と違い、今の状況はもう中学生さんにとってはきっと嬉しい悲鳴ですね♪
広告

まとめ

今日のテーマは「もう中学生再ブレイク理由は何?芸歴や冠番組・レギュラーも調査!」でした。

最初にブレイクしてから10年以上ひっそりと過ごしていたもう中学生さん(失礼)。

再ブレイクと言われてもむしろ初めて見た・・・という方もいるかもしれませんが、芸歴は意外と長い芸人さんでした!

実力派の先輩二人に才能を買われているだけに、これから冠番組やレギュラー番組ももっともっと増えていくかもしれません。

不思議な雰囲気のもう中学生さんから目が離せませんね!

広告
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました