おせち料理の意味一覧!お重や詰め方にも意味があるか調査!

広告
Pocket

こんにちは、ぽんずです。

お正月には欠かせないおせち料理。

色とりどりの食材が少しずつきれいにお重に詰められていて、見ているだけで気持ちも華やかに明るくなれますよね。

お正月に食べるものとして、何となく「縁起がいいもの」が入っているイメージですが、一体どんな意味が・・・?

お重だって、一の重・二の重・三の重って…まさか詰め方にも意味がある?!

今日は、「おせち料理の意味一覧!お重や詰め方にも意味があるか調査!」というテーマで、おせちの意味あれこれを調べていきたいと思います!

読み終わってからおせちを食べるときに、頭の片隅にでもほんのり思いだしてもらえると嬉しいです♡

 

広告

おせち料理の意味一覧!

では早速、代表的なおせち料理の意味をご紹介していきます!

 

紅白かまぼこ

かまぼこは、あの半円の形が初日の出に似ていることから、とてもおめでたい食材とされています。

かまぼこの赤は「魔除け」、白は「清浄」を表しています。

 

黒豆

黒豆には、「まめまめしく働くことができるように」という願いが込められています。

「家族が今年一年まめに働いて健康に過ごせますように」といった、健康祈願の意味合いもあるようです。

できるだけ働きたくないとかそんな邪念は持ってちゃいかんな・・・・

広告

伊達巻

伊達巻はそのグルグルした見た目が昔の巻物に似ていることから、「知性の象徴」とされ、「知恵がついて賢くなるように」という願いが込められています。

「伊達」というのは、かの「伊達政宗」からきています。

伊達政宗が派手なものがすきでおしゃれだったため、派手なもの・おしゃれなものを「伊達」と呼ぶようになったそう。

伊達巻は、黄色でくるくるふわふわしている見た目からその名前がついたんですね。

 

数の子

数の子はニシンの卵。

ニシンは「二親」と当て字することができ、さらに卵を非常にたくさん持つことから、「たくさんの子宝に恵まれますように」「代々栄えますように」という願いが込められています。

 

栗きんとん

栗きんとんは漢字で書くと「栗金団」。

栗は昔から「勝ち栗」と呼ばれて勝負運をアップさせる縁起のいい食べ物とされてきました。

金団には「金の団子」または「金の布団」という意味があり、栗きんとんは金運上昇&勝負運アップの願いをこめたおせちの定番料理です。

 

広告

田作り

昔、イワシを肥料にしたら大豊作でお米がたくさん取れたという逸話から、田作りは五穀豊穣を願う食べ物とされています。

「田作り」という名前も、豊作で「田んぼを作る」ことができることからつけられています。

別名をごまめとも言いますが、漢字で書くと「五万米」。

こちらも五万俵の米ができたことからこの漢字があてられているそうです。

 

昆布巻き

昆布は、「よろこぶ」との語呂合わせで縁起物とされています。

また、その「よろこぶ」を「養老昆布」と書いて長寿祈願、「こんぶ」を「子生婦」と書いて子孫繁栄、また昆布は古くは「広布(ひろめ)」と呼ばれていたので「喜びを広める」縁起物・・・などなど、とにかく昆布は縁起がいい!

当て字で色んな意味を込めるなんて、遊び心があって好きです笑。

 

海老

海老の長いひげや曲がった体から、「腰が曲がるまで長生きできますように」といった長寿祈願の食材とされています。

色も鮮やかですし、お祝いごとには欠かせない食材ですね。

 

紅白なます

紅白なますは、大根と人参で紅白の水引を表現していて、一家の平和を願うおせち料理です。

確かに、水引と言われればそう見えてくる・・・・!

 

れんこん

レンコンは、たくさんの穴が空いていますよね。

その穴から、「将来の見通しがよくなりますように」という願いが込められる食材です。

レンコンは種をたくさんもつので、「子孫繁栄」の意味もあるとか。

また、レンコンの花である蓮の花は極楽浄土にふさわしい花とされる神聖な植物です。

その茎であるレンコンも、とても清浄な食べ物として、神様に供える食材としておせちに最適といわれています。

 

ごぼう

ごぼうそのものは地中深くに根を張るので、長寿の願いや「家族がこの土地に根を張って生きていけますように」といった願いが込められています。

また、たたきごぼうには「一年の開運の縁起をかつぐ」として家の繁栄を願う縁起物の意味もあるそうです。

 

タコ

タコは「多幸」と当て字ができるので、シンプルに「一年間幸せでいられますように!」という願いが込められています。

シンプルイズベスト!

分かりやすくて覚えやすいですね。

 

ブリ

魚へんに師走の師と書くブリは、まさに年末年始が旬。

ただただ美味しいから、ということもありますが、もちろん他の意味も込められています。

ブリは出世魚。

成長によって名前が変わる魚です。

そこから転じて、「立身出世を願う」意味を込めておせち料理に使われています。

 

くるみ

くるみは殻が硬いことに由来して、家庭円満の願いが込められた食材です。

田作りに入ってるくるみ、おいしい・・・・。

 

お多福豆

見た目がふっくらとしていておたふくに似ていることから「お多福豆」と呼ばれています。

名前通り、「たくさんの福を呼ぶ」食材とされています。

 

棒ダラ

「鱈腹(たらふく)食べられる」という語呂合わせから、「一生食べ物に困りませんように」という願いが込められています。

 

広告

お重や詰め方にも意味があるのか調査!

おせちの食材それぞれに意味があることはわかりました。

じゃあ、それを詰めるお重に意味はあるのか?

詰め方には?

調べてみました!

 

おせちを食べる意味は?

そもそもおせちを食べる意味は、もちろん願掛けの意味もありますが、正月の三が日くらいは台所にたたずに済むように・・・ということのようです。

とはいえ、完全に何もしないというわけにはいきませんが、それでも一日三食毎回作らずにいられるのはキッチンを預かるものとしてはうれしいですよね。

 

お重の意味

お重には、「福を重ねる」という意味があります。

たくさんの料理をコンパクトにまとめて出しやすいとか、虫やほこりが入りにくいなどの意味合いもあるそうです。

地域や家庭によって、お重が何段かは変わってくるようですが、一般的には四段重が正式とされています。

お重それぞれの意味をご紹介します!

 

一の重

子孫繁栄や長寿などの願いを込め、縁起物の食材を中心に詰めます。

口取りと祝い肴を入れていきましょう。

口取りとは、かまぼこや栗きんとんなど、酒の肴になるものです。

また、祝い肴とは数の子・田作り・黒豆(関西ではごぼう)のこと。

とても縁起のいい食べ物なので、一番上の一の重に詰めていきます。

 

二の重

海の幸の焼き物を入れます。

ブリや海老、鯛など、縁起のいい海の幸を詰めます。

 

三の重

山の幸の煮物を入れていきましょう。

家族が仲良く結ばれるように、という意味合いもこめて、煮しめを詰めます。

 

与の重

四は「死」と読めるので、縁起が悪いといわれますよね。

そこで、「四の重」ではなく「与の重」といいます。

酢の物や和え物を詰めます。

なますや菊花かぶなど、日持ちのするものをいれましょう。

 

詰め方に意味はある?

お重にこそ意味がありますが、詰め方そのものには特に意味はないようです。

が、できるだけ華やかに豪華に見えるように工夫して詰めるスキルが必要です。

こ・・・ここが一番の難関なんじゃなかろうか・・・・

 

広告

まとめ

お正月に家族みんなで食べるおせち。

食材一つ一つに色んな意味が込められているんですね✨

わざわざお重に詰めたりしないで、皿で普通に食べればいいじゃん!とか思ってたけど、お重にも意味があったとは・・・。

ダジャレのような語呂合わせだったりするけれど、家族みんなの幸せを願うおせち料理。

詰め方がきれいだ雑だとワーワーいいつつ家族でおせちをつついて、その意味について語り合ったりしても楽しいかもしれません。

準備は大変だけど、やっぱりおせちって素敵な伝統♡

たくさんの願いが込められたおせちを食べて、みんながそれぞれ素敵な一年をすごせるといいですね!

 

 

 

 

広告
広告
タイトルとURLをコピーしました